読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人がプログラミングを勉強していたブログ

プログラミング、セキュリティ、英語、Webなどのブログ since 2008

連絡先: すかいぷ:javascripter_  か javascripter あっと tsukkun.net skypeのほうがいいです

成人しました

ついに20歳になりました。自分が20代に突入したんだと思うと、なんだかとても奇妙な感じがします。自分が小さい頃は、自分と親の見た目や知識、経験などの差があまりに圧倒的で、子供と大人の差なんて当たり前すぎて、疑問にすら思いませんでした。そして、子供が大人になる瞬間というものがあるんだと漠然と考えていた節があります。

今20歳になって実感するのは、急に子供が大人になる離散的なジャンプがあるわけではなくて、子供から大人になるというのは連続的な過程なんだな、ということです。20歳になった今でも、まだこのブログを始めた中学生の頃から精神的には全然変わっていないような気がする一方、ずいぶんとあの頃とは変わったなと思う部分もあります。

このブログは2008年の中学2年の頃からやっているので、かれこれ6年目です。記事もその頃からずっと残っているので、昔の記事を見ると自分がその頃どんなことを考えていたのを思い出します。ちょうどいい機会なので、昔の記事を振り返りながら、その時のことについて書きたいと思います。

とりあえず本を買ってきた。

2008年3月頃。記念すべき最初の記事です。id:javascripterはここから始まりました。この時のブログタイトルは「素人がJavaScriptを勉強するブログ」でした。 コンピュータに以前から興味があって中学1年頃にプログラミング部に入ったものの、「自分で好きにやれ」という雰囲気だったため結局C言語をほんの少し本になぞって書いただけで諦めていかなくなってしまったので、ブログを作ったのは、自分へのプレッシャーも込めて、プログラミングへの再挑戦のためでした。ぜんぜん学校にいっていなかったので毎日、深夜になるとかなりの量の記事を更新していました。

セキュリティ&プログラミングキャンプ2008に参加した話

2008年8月頃。プログラミング関連の知り合いができたのがこのキャンプに参加した時で、講師のブログで自分を紹介してもらって購読者が増えたり、後にインタビューを受けるきっかけにもなった、自分プログラミング史では割と大きなイベントです。同年齢の子がJavaもCもすらすら書けてるのを見て、もっと色々なことを知らないと駄目と強く感じたことをよく覚えてます。この時はまだ中学生で、自分は年齢なども公開していなかったので、中学生だと講師のブログにのったときは驚かれてなんだかうれしかった記憶があります。

うごメモはてなのXSS

2009年3月頃。同年代の、セキュリティやチートコードアセンブリなどに詳しい子に少し影響を受けて、XSSは自分のほうが全然早く見つけられるなと思って載せた記事です。怒られるかなと思う反面、少し知識があれば誰でも見つけられる種類の脆弱性は、積極的に載せて周知を図るほうがセキュリティ意識を高めることにつながっていいんじゃないかなと思って載せた記事ですが、予想通り叩かれました。若かったです。

近況とsplitについて

2009年4月頃。高校生になった時の記事です。これより少し前の中学終わりくらいの時期に、Twitterで誘われて人生初のバイトを始めて、すごくいい職場だったので2年近く同じ場所でバイトしました。主にJavaScriptを書いて、若かったのでとても可愛がられました。高校に行きだしてかなり緊張していた時期です。

近況

2010年9月頃。オーストラリアに語学留学をして、英語の勉強に集中するためにプログラミングの勉強をいったんやめて、ブログもしばらく中断しよう、と思っていたときに書いた記事です。 思い返すと、留学すると決めたのは僕の高校時代に一番してよかった選択だなと感じます。中学の頃は引きこもりがちだったのに、高校に入ったら海外に出てしまうという極端さと突然さに、親はかなり驚いていました。 どうでもいい話ですが、高校が共学で異性と話すときはいつもすごく緊張してたのですが、この前後の時期に異性は敵ではないという着想を得て初彼女ができて、高校生らしい青春をエンジョイすることができました。

TOEICと留学。どのように英語を覚えるか。

2011年8月頃。これは自分が2011年に書いた唯一の記事で、数百を超えるブックマークがついてなかなか評判でした。 2011年は自分にとっては英語漬けの年で、プログラムはほとんど書きませんでした。英語が喋れるようになって、色々なことの選択肢が大きく広がった気がします。プログラミング以外に、思考を拡張する新しいツールを手に入れました。

料理

2012年8月頃。高校を卒業してオーストラリアに来て、料理が面倒くさいなと思って、食べれればいいと思って適当に料理をしていた頃の記事です。慣れれば普通に料理をしてもそんなに時間はかからないと気づいたのは、だいぶ後になってからでした。

GPS2点間距離を使用した住所特定の脆弱性

2013年3月頃。 特に人生の中の特定のイベントと結びついている記事ではないけれど、この記事は印象に残っていてよく覚えています。サイトにWeb越しに知らない人の住所を特定できてしまうというセキュリティ上の問題があって、それの実証コードを書いて、実際に住所が表示されることを確認したときはなんだか興奮しました。JavaScript学習の延長でXSSなどを見つけることが得意で、その延長でハッキング技術などにも(プログラマとして防御側の観点から)関心を持っていたので、普通にウェブサイトを見ている時や、日常生活でも、よく脆弱性を発見していました。

感想

このブログを通して、プログラミング能力だけではなく、インタビューやバイトの誘い、コメントやブックマークでのアドバイスや意見、尊敬できるプログラミング友達、意見や考えをまとめて文章にする能力など、貴重なものを得たと思います。更新頻度は安定していませんがこれからもブログを続けていくつもりなので、20代の僕もよろしくお願いします。