読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人がプログラミングを勉強していたブログ

プログラミング、セキュリティ、英語、Webなどのブログ since 2008

連絡先: すかいぷ:javascripter_  か javascripter あっと tsukkun.net skypeのほうがいいです

古本をAmazonで買ってスキャンサービスに送ってiPadで読む

海外に住んでいると、日本語の本を入手することの難しさもあって日本語の本を全く読まなくなってしまう。海外の書籍はお店やネット通販で気軽に買えるし、英語圏電子書籍は日本の電子書籍と比べて品揃えが格段に良いからだ。

英語の本ばかり読むことになるが少し物足りない。日本人である自分は日本の書籍を読むほうが楽で、特に難しい本や自分が勉強したことのない分野だと、日本語で書いてあるものを一度ざっと読んでから英語の本を読んだ方が、トータルで見たら時間の節約になることが多い。

最近、2013-08-27 - 登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記というページを見つけて、まさにこれは自分が求めていたものだと思ったので、いくつか本を買ってみたら非常にすばらしかったので、ほとんどさきほどのページと書いてあることと同じだが、手順をここに記しておく。

まず、書籍のスキャンサービスでアカウントを作成する。自分はBOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷を使った。一月1万円のプレミアムコースで50冊無料、OCR、名前変更などができスキャンからpdfまでの納期が1週間以内に保証されており、Aamzonなどから直接送れる住所を割り当ててくれるので、割とおすすめである。50冊も読みたい本をまとめて購入するわけがないという場合、少し割高になるが別のサービスを探すと良い。

登録や支払いが済んだら、日本のAmazonで、読みたい本を探す。多くの場合、古本が出回っているので、状態が「良」のうち最安値のものをショッピングカートに入れる。1円の本の場合、送料をいれても一冊250円程度で非常に安いので、バンバン買う。10冊買ってやっと2500円で、技術書1冊分だと考えると、すばらしい。

あとは、注文するだけだ。発送先を先ほどのスキャン業者で発行された住所にして、purchaseすると、数日以内にスキャン業者に届いて、あとは勝手にpdfにしてくれる。

pdfができたらiPadに入れるなりなんなりをする。古本であってもpdfにすれば少しの汚れは自動的に除去されるし、変な匂いがすることもないので、快適そのものである。

今のところ、Amazonで買ってから1週間くらいでpdfが出来上がっている。満足。